Drop element here
Drop element here

TOERI: cosmetics that ensures time is on your side. Minimal effort with luxurious results. From the start of the day, looking effortless in an instant, almost as if meticulous time was taken; to the end of the day, encountering your same, beautiful self. We sought to marry logic-based quality and formulation, creating products that deliver a beautiful finish, regardless of who uses them. Experience feeling effortless, by elevating the potential of your natural beauty. Unearthing the individual beauty hidden within sophisticated women.

時間を味方につけるコスメ、TOERI(トーリ)

時間を味方につけるコスメ

TOERI(トーリ)

ミニマムな手間で、リュクスな効果実感。

 

1日の初めは、パッと整うのに丁寧に時間をかけたような仕上がりに。1日の終わりに出会うのも、キレイな私。

 

ロジックに基づく確かな品質と処方を追求し、「誰が使っても美しい仕上がり」が叶うコスメを作りました。

 

素顔のポテンシャルを引き上げつつ、余裕さえ感じられる。大人の女性に秘められた個々の美しさを表現します。

ミニマムな手間で、リュクスな効果実感。

 

1日の初めは、パッと整うのに丁寧に時間をかけたような仕上がりに。

1日の終わりに出会うのも、キレイな私。

 

ロジックに基づく確かな品質と処方を追求し、

「誰が使っても美しい仕上がり」が叶うコスメを作りました。

 

素顔のポテンシャルを引き上げつつ、余裕さえ感じられる。

大人の女性に秘められた個々の美しさを表現します。

Brand Promise

01  Techniqueless 

難しいテクニックは一切不要。大人の女性の悩みに着目し、メイクアップ時の違和感も、夕方のガッカリ感もなくす、時間経過さえも計算し尽くした処方設計。

02  Timeless 

流行に左右されない、揺るぎない価値観。元のパーツが引き立つよう、人が本来持っている色味の延長でつくるなど、印象に影響するほんの少しの違いを徹底的に追求。

03  Effortless

不要なコストを徹底的にカットした誠実価格でひと手間かけたような上質な仕上がりを実現することで、自然と続けたくなる納得感を。

PRODUCTS

リップスティック

¥2,530

スタイリングマスカラ

¥2,750

クッションファンデーション

¥4,620

Drop element here

Development  Team

ブランドディレクター

村田 奈々絵

化学のバックグラウンドを持ち、化学品商社での化粧品OEM業務からキャリアをスタート。ライフミッションは、美容・ファッションを通じ、人々の心の充実度を上げること。TOERIを通じたビューティの価値提供を、ロジカルなアプローチで追究している。

製品開発アドバイザー

日高 千絵

外資系大手ビューティメーカーで15年にわたり、ブランドの基幹となる商品の企画開発、マーケットリサーチ等を担当。その後もビューティブランドを中心に、企業の内外からブランド価値向上に寄与する活動に従事。

Special Interview

特別インタビュー企画

Interview Vol.1

TOERI Meets  Chitose Matsumoto

松本千登世さんの考える
 「大人の女性の美しさ」

松本千登世さんの考える
 「大人の女性の美しさ」

Interview Vol.1

TOERI Meets  Chitose Matsumoto

Interview Vol.1

TOERI Meets  Chitose Matsumoto

Interview Vol.2

TOERI Meets  Akemi Nakano

中野明海さんの考える
 「心地よく美しく生きる提案」

Journal

2024年上半期 ベストコスメ受賞

タイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトル

「時間を味方につけるコスメ」
TOERI(トーリ)誕生の背景

タイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトルタイトル